Sunset & Fishing夕日好きのプロルアービルダー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
シェルミノー2 20:31
0

    フルハンドメイド70mm slim イワナ(6.5gsinking)白蝶貝

    フルハンドメイド50mm グリーンヤマメ(4.5g sinking)白蝶貝

    フルハンドメイド50mm ヤマメ(4.5g sinking)夜光貝
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ヤマメにはヤマメの、イワナにはイワナのボディーを与える。
    これは、ホットショット松本さんから、「それが当然である」と引き継いだスタイルだ。
    魚種ごとの個性を際だたせるにはそうせざるを得ないということだ。
    ただし、写真を切り抜いて型を起こしたようなデザインではルアーとして機能させるのは難しい。
    きちんと機能性を確保した上でのデフォルメが必要になってくる。

    最近そこのところは、もう感でやっている。
    ボディーのデザインを特定の機能に向けてある程度自由にアレンジ出来るようになったからだ。
    こういう形状で、このあたりにこのくらいのウエイトを入れて、リップの面積と角度はこのくらい。
    それでほぼ泳ぎの傾向もイメージできる。

    この70mmイワナなどはイメージと寸分違わない泳ぎを出すことが出来た最たる例だ。
    スリムボディーに限界までウエイトを入れてキャスタビリティーとレンジキープ能力を上げる。
    リップは小さめ立ち気味で低速から高速までウォブンロール半々で抵抗感は少なくレスポンスは早く。
    トゥイッチに対しては45度方向へロール成分を多めにヒラを打つ。
    これが設計イメージだ。
    こんなことを考えながらボディーを設計するのが、今は何より楽しい。

    今回はアワビの使い方を色々試してみた。
    昨日紹介した70mmヤマメは、夜光貝を精一杯細かく手割りして、アワビの煌めきが見えるような使い方をした。
    70mmイワナでは逆に、実際のイワナのヌメリ感を出したくて、機械割り白蝶貝を塗装で隠蔽して奥の方で光るような使い方をした。
    どちらもまぁまぁ狙い通りの効果が得られたと思う。

    50mmに関してはアワビを使うのは難しいと感じている。
    一番難しいと感じるのは鱗目のピッチをこれ以上細かく割るのは難しいところだ。
    特にトラウトやアユのあの鱗粉のような細かい鱗とは質感がマッチしない。
    マッチングという意味では70mmが下限だと感じている。
    質感が合わないので鱗からユーザーの目をそらそうと、パーマークにマジョーラを吹いてみたりしてごまかした(笑)
    ユーザーはどう思っているのだろう?
    渓流サイズでもアワビ貼りミノーは一定の人気があるけど、こんな大きな鱗のヤマメなんていねーよ、って、僕は思ってしまうんだなぁ。

    もう一つ、塗装の話。
    ヘッド部分の下地を黒く塗るやり方、コントラストを上げる効果的な方法だけど、僕は何度かやってみて止めたんだ。
    それはホットショット松本さんも同様の話をしてた。
    それがいけないのではなくて、僕の塗装はとにかく粒子の細かさと透明感を大切にしているので、このやり方とはマッチしないんだな。
    実際の魚でも、頭の回りや口元なんかは、透けて見えるような透明感があるでしょう?
    あの感じをなんとか出したい。
    塗装の境界をできるだけボカシて、平面上のぼかしだけではなくて樹脂の多層構造を利用して垂直方向にもレイヤー効果というのか、奥行き感を出すよう工夫している。
    目玉なんかも腕の見せ所だ。
    目玉そのものの作り込みをあげる(昔は黒目のまわりの星も書いてたなぁ)のもひとつの方法だが、ホットショットもレイチューンも目玉の光り方にこだわっている。
    白目部分は奥で強く光りながら、眼球全体は半透明の樹脂層に浮かんでいるように見える。
    こういう何気なく、しかも深い表現にかけては、やはりホットショットが世界一だと僕は思っている。
    | ルアーメイキング | comments(0) | - | posted by insist1 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>