Sunset & Fishing夕日好きのプロルアービルダー

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
やはり最後は 22:23
0
    高知ぜよ
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------
     やっぱりね、漁期の最終には行っとかないと寝覚めが悪いと申しましょうか、きっと夢に出てくるような気がして釣りに出かけました。
    お気に入りの高知の美しい川ですが、水がないうえに寝過ごして10時到着のピーカンと、条件はのっけから最悪です。

    どうせ出遅れたのならばと、探り残している最上流部から入渓。
    水が透明すぎてなんだか釣れる気がしないが、少し婚姻色の出た小さなアマゴがヒット。
    ロッドはダイワのシルバークリークの4ピースパックロッド。
    大昔に竿菊釣具店で買って、その後、松本師匠に竹柄に再塗装してもらいグリップ交換したもの。
    リールは3台目のカーボウィスカーSS600(超お気に入り)
    このリール、あまり注目されないが、200gを切るコンパクトなボディーにジュラルミンギアを組み込み、アルミスプールにはトーナメントドラグが入っていて「チリンチリン」と良い音がする。
    インフィニットが入っていないから当然メカニカルストッパーだが、この方がガチンと止まって剛性感たっぷりで僕は好きなのだ。
    巻き上げ性能やドラグの良さは現代のリールのレベルに近く、糸撚れはまったく気にならないし、耐久性はむしろ現行品より上のような気がする。
    カージナルやミッチェルも良いし、僕も使うがあちらは多分に情緒的。
    古いものに感じるシンパシーと実用性能を高度に両立できるSS600が僕の中ではトップオブ渓流リールなのだ。
    大森のマイコンSSの次に買ったリールだから愛着もあるしね。

    源流は早々に見切って、いつもならアユ師がいっぱいで入れない下流部へ一気に移動。
    でも、減水ピーカンではしぶいしぶい。
    時々23〜25cm程度のアマゴが釣れてくれるが、夏の渇水と台風の大雨が影響してか、抱卵期だというのにあまりデップリした奴はいない。
    やっとコンディションの良いオスが釣れたので写真を撮る。

    今日のダメだった点は、まずランディングネットを忘れたこと。
    それから、久しぶりに銀鉛一眼レフを持ち出したらコンデジが糞に思えたこと(笑)
    今シーズンは防水コンデジを使ってみたが、驚くほど良く写るのだけど、所詮はメモだ。
    ファインダーでマクロプラナーの被写界深度の浅いリアルタイムの像を覗きながら、構図や露出を考えつつ、ここぞというタイミングでシャッターを切る喜びに比べたら、適当にレンズを向けて何も考えないでシャッターを切る作業にはまったく感動というものがない。
    コンタックスのファインダーを覗いた瞬間、思わず声が漏れたくらいアマゴが感動的に美しかった。
    同じ魚をコンデジで撮ったやつをモニターで見てもなんとも思わないけどね。
    そういうことにあらためて気付いてしまい、来シーズンはまた、重い一眼レフをぶら下げて歩くことが確定したことが、もう一つのダメだったこと(笑)

    その後、たいして魚は釣れなかったが、イノシシとにらめっこをしたのが面白かった。
    10mくらいの距離で、お互い硬直して1分以上にらめっこ。
    こりゃ埒があかないと思い、話しかけてみた。
    「おいお前、見た感じ若者やけど中学生か?」
    (…何も言わぬが縦に首を振る)
    「わははー、やっぱり思った通りや、ほんで母ちゃんはどこや?」
    (…何も言わぬが斜め後ろを振り向く)
    「あら!お前、人間の言葉がわかるんか?」
    (…じっとこちらを見る)
    「なんか言うてみ?」と言いながらこちらが笑うと
    (もうええわ、アホと付き合ってられん)
    て感じで振り向いて、後ろの斜面をゆっくり登って行った。

    ま、こんな感じで今シーズン終了です。
    帰りがけにはメッキアジを狙ってみましたが1尾バラし以外はチビのチェイスのみ。
    外道でコトヒキ、ヒラセイゴが釣れましたが車中にカメラを残してたので写真なし。
    サーフへ移動しましたが、ゴンッと強いアタリが一度あるも正体不明。
    その後、40cm級ヒラメがヒットするも引き波に翻弄されバレる。
    こちらはこれからがシーズンだから、良い下見が出来ました。

    サーフから見る土佐湾の夕暮れはとてもきれいでした。

    | fishing | comments(0) | - | posted by insist1 -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>